骨粗鬆症

骨粗鬆症治療/予防をしっかり行って骨折を防ぎましょう。

骨粗鬆症治療

骨粗鬆症の原因は、女性ホルモンの一種であるエストロゲンの減少だと言われています。

 

エストロゲンは女性が閉経を迎える50歳前後を境に減少し始めます。

 

閉経を迎えると、エストロゲンが減少しホルモンバランスが崩れるため、更年期障害独特の「のぼせ」や「ほてり」「イライラ」「気分の落ち込み」などが起こるんです。

 

さらに、女性ホルモンの一種であるエストロゲンは、骨の新陳代謝に際して骨吸収をゆるやかにして骨からカルシウムが溶けだすのを防ぐする働きがあるんですが、閉経によってエストロゲンが減ってしまうと、骨吸収のスピードが速まるため、骨形成が追いつけずに骨がもろくなってしまい骨粗鬆症になってしまうんですね。

 

 

その他、骨粗鬆症の原因には食事や運動の習慣などが深く関わっていると言われています。

 

そのため、骨の生活習慣病とも呼ばれているんです。

 

骨粗鬆症と診断されてしまった場合、骨粗鬆症の治療は薬中心の治療になります。

 

薬の種類は、骨形成を促進する作用があり骨折を予防するビタミンK2製剤や、閉経期のさまざまな更年期症状を軽くし、併せて骨粗鬆症を治療する目的で用いられる女性ホルモン製剤(エストロゲン)さらに骨吸収を抑制することにより骨形成を促し、骨密度を増やす作用があるビスフォスフォネート製剤、骨粗しょう症に伴う背中や腰の痛みに対して用いられるカルシトニン製剤(注射薬)などがあります。

 

骨粗鬆症になってしまうと、骨折や転倒の危険性が大きくなるので、骨粗鬆症になる前に予防をしっかりしておくことが肝心なんです。

 

女性の場合は、閉経を期に女性ホルモンが減少する事は避けられませんが、日頃から運動や食事に気を付ける事で、骨粗鬆症になる時期を遅らせることが出来るんです。

 

骨粗鬆症治療の事をもっと詳しく知りたい方はこちらをご覧ください

骨粗鬆症予防

骨粗鬆症にならないためには、予防が最も重要です。

 

予防にはいくつか方法がありますが、代表的な運動と食事について説明します。

 

1. 運動

 

若いころ運動をしなかった人や、長い間病気で寝込みがちだった人は、体格が華奢になり、骨が弱く、骨折しやすいことが知られています。

 

運動をすることで骨に力がかかると、骨に弱いマイナスの電気が発生し、カルシウムを呼び寄せるといわれています。

 

運動によって、骨の血液の流れをよくし、骨をつくる細胞の働きを活発にします。

 

運動によって体の筋肉が鍛えられ、自分の思ったように体が動くようになると、転びにくくなり骨折の防止にもつながるんです。

 

骨密度の低下を防止し増加させる運動には、ウォーキング、ジョギング、エアロビクスなどがあります。

 

また、日常的に近くの買い物は歩いたり自転車で行く、エレベーターやエスカレーターを使わずに階段の上り下りをする、適度に太陽光を浴びながら散歩を楽しむといったことでも十分に骨粗鬆症予防の効果があるんです。

 

2. 食事

 

骨粗鬆症に限らず、毎日バランスの良い食事をすることがすべての病気を予防する基本的な事です。

 

ところが、栄養に注意している人でも、カルシウムの摂取だけが不足してしまう事が多いんですね。

 

厚生労働省の栄養調査でも、現在の日本人は、糖質、脂質、たんぱく質、ビタミン・ミネラルのすべての栄養素を十分とっていますが、唯一カルシウムだけは所要量に達していないという調査結果出ているんです。

 

なので、カルシウム、骨代謝を盛んにするビタミンD、骨の形成を促すビタミンKを十分に摂り、また食事全体の栄養バランスやカロリー量にも配慮しましょう。

 

毎日の食卓に、あと200ミリグラムのカルシウム(目安として牛乳1本、豆腐なら半丁)を加えましょう。

 

 

予防が大事な骨粗鬆症についてもっと詳しく知りたい方はこちらをご覧ください

骨粗鬆症・骨折

骨粗鬆症になると骨折の危険性が大きくなります。

 

骨は、骨吸収(破骨細胞によって古い骨細胞が壊されること)と骨形成(骨芽細胞によって新しい骨細胞が作られること)を繰り返し、徐々に新しい細胞へと生まれ変わっています。

 

加齢などで骨吸収と骨形成のバランスが崩れ、骨吸収が骨形成を上回ると、骨が脆くなり骨折が起こりやすくなります。

 

骨粗鬆症治療

 

いわゆる「骨がスカスカになる」状態になるんですね。

 

背中が曲がってきた、背が縮んでしまった、腰が痛いなどのような状態がすでに骨粗鬆症の症状で、骨がスカスカになっている可能性が高いと言えるんです。

 

骨がスカスカになると、尻もちをついたり、荷物を持ち上げるなどちょっとしたことで背骨がつぶれてしまうことがあります。

 

このことを、「背骨の骨折」と言います。

 

骨粗鬆症によって骨がスカスカになると、自分の体重に背骨が耐え切れなくなって、気づかないうちに背骨がつぶれて骨折してしまうことがありますが、この状態の事を「いつのまにか骨折」と呼びます。

 

「いつのまにか骨折」は、たいして痛みを感じない事も多く放置してしまうケースがありますが、後々背中が曲がってしまうような肉体的な負担となり、日常生活に影響を及ぼすことになるんです。

 

骨粗鬆症治療

 

骨粗鬆症患者が最も骨折しやすいのは背骨で、次に多いのは足のつけ根、腕のつけ根、手首で、これらの大部分は転倒や軽微な外傷によって起こるんです。

 

また、骨粗鬆症の骨折は一度骨折すると続けて骨折する可能性が高くなると言われています。

 

1個でも骨折していると周りの骨に負担がかかり、2個、3個と骨折がドミノ倒しの様に次々に起こっていくんです。

 

骨折が進んで、どんどん背中や腰が曲がってしまう可能性が高まってしまうんですね。

 

この事を「骨折連鎖」と言います。

 

骨折の危険性が高い骨粗鬆症についてもっと詳しく知りたい方はこちらを参考にしてください

世界骨粗鬆症デー

「世界骨粗鬆症デー」と言う日があることを知っている人はまだ少ないと思います。

 

「世界骨粗鬆症デー」は、1996年10月20日にイギリスの全国骨粗鬆症協会により始められました。

 

設立の目的は、骨粗鬆症および骨代謝障害による病気の予防について、国際的に認識し診断し専門研究を促すと言うものなんです。

 

設立の翌年から、国際骨粗鬆症財団(IOF)により行われていましたが、1998年と1999年に、世界保健機構(WHO)が世界骨粗鬆症デーの共同スポンサーとなりました。

 

90を超える国がキャンペーンに参加しているんですね。

 

また1999年以来この日は、骨粗鬆症および骨代謝障害の自覚を喚起するための1年間のキャンペーンの開始日でもあり、具体的なテーマを定めてキャンペーンが実施されているんです。

 

ちなみに、2014年のテーマは「人間はその内面から強さを作る」2015年は「骨力の向上につとめる」と言うテーマで開催されました。

 

 

また、日本には「日本骨粗鬆症学会」「日本骨代謝学会」「(財)骨粗鬆症財団」が中心となって作成している「骨粗鬆症の予防と治療ガ イドライン 」があるんです。

 

骨粗鬆症の予防と治療の情報を正しく整理し、医療現場の混乱が生じないようにさせるための基準となるものですね

 

一般的には「骨粗鬆症ガ イドライン」と呼ばれており、 最新の骨粗鬆症の予防と治療に関すデータを科学的な目で整理し、日常生活や診療において安心して活用できるようにまとめたものなんです。

 

世界的に関心が高い骨粗鬆症治療の事をもっと詳しく知りたい方はこちらをご覧ください

骨密度検査

骨粗鬆症の原因の一つに「骨密度の低下」があります。

 

骨密度を表す一つの数値に「YAM」と言う基準があります。

 

「YAM」とは、「Young Adult Mean」の略で若年成人女性の骨密度の平均値を意味します。

 

YAMは20〜44歳の健康な女性の骨密度を100%として、現在の自分の骨密度が何%であるかを比較した数値なんです。

 

なぜ20〜44歳かというと、骨密度は成人に近づくほど丈夫になりますが、20台をピークに密度が減り始めるため、最も骨密度が高い20〜44歳を基準にしているんですね。

 

 

ちなみに、男性も女性の骨密度とは大きな違いはないため、「YAM]を基準にしています。

 

「YAM」を計測するには、「DEXA法」と呼ばれるX線を使った検査で、腰椎骨の骨密度を測定します。

 

「DEXA法」はベッドに横になるだけでスピーディーに検査が出来るんです。

 

X線を使いますが、X線量は極めて微量で計測できるので安心です。

 

また、その精度は他の骨密度検査よりも正確なんです。

 

何らかの原因で腰椎骨が変形している場合は、太ももの骨である大腿骨頸部を計測します。

 

「YAM」の結果が80%以上の方は正常と判断されます。

 

70〜79%に人は、骨量減少が疑われます。

 

78〜69%の方については、骨粗鬆症や圧迫骨折が疑われるんです。

 

その他の骨密度検査には、手のX線写真を撮るMD法、CT検査で海綿骨と皮質骨を分けて調べるQCT法、かかとに超音波を当てて検査するQUS法などがあります。

 

骨密度が低下して骨粗鬆症治療が心配になる方はこちらを参考に沿てみてください

骨粗鬆症治療・カルシウム

骨粗鬆症の原因としてカルシウム不足が挙げられます。

 

特に日本人はカルシウムの摂取量が少ないと言われています。

 

平成23年国民健康・栄養調査によると、日本人の1日の目標カルシウム摂取量は、男性が650〜800mg、女性が600〜650mgなんですが、男女計の平均では、40代は446mg、50代は502mg、60代は540mg、70代以上で521mgと、どの年代でも目標量を満たしていないのが現状なんですね。

 

驚くことに、この数値は20年間ほとんど変わっていないという事です。

 

カルシウムは、体の中でもっとも多く含まれるミネラルで、体内には体重の約2%のカルシウムがあり、その約99%は骨や歯の中にあります。

 

体重が60kgの人では約1188gのカルシウムが骨の中に含まれることになります。

 

骨は身体の主要構造体と言うだけではなく、カルシウムの貯蔵庫としての役割もしているんですね。

 

骨が体が必要とするカルシウムを供給したり、新しい骨をつくる働きをしているんです。

 

ところが、食べることによって摂取するカルシウムの量が少ないと、骨を作る原料が足りなくなってしまいます。

 

このような状態が続くと、骨の中に蓄えられていたカルシウムが溶け出し、骨量が減少して骨がもろくなってしまい骨粗鬆症の原因になってしまうんです。

 

動物実験では、骨のカルシウムが1/4減ると骨の強度は半分になり、カルシウムが半分に減ると強度は1/4まで低下してしまうそうです。

 

カルシウムは体内でつくることはできないので、食べ物から摂るしかありません。

 

コップ1杯の牛乳には200mgのカルシウムが含まれており、乳製品は他の食品に比べ吸収率の高い食品と言われています。

 

牛乳の他に豆腐などの大豆製品、小魚や小エビ、わかめやひじきなどの海草、緑黄色野菜などがカルシウムを多く含む食品と言われています。

 

これらの食品を毎日の食事にとりいれて、カルシウム不足を補いましょう。

 

カルシウムを多く含む食品を食べるとともに使いたい骨粗鬆症の薬の詳細はこちらをご覧ください

 

 

 

骨粗鬆症・食事

通常、普通の人の骨は、骨組織では骨の分解(破骨)と形成(造骨)が行われており、分解された分だけ新しく骨が形成されるため骨量は一定に保たれています。

 

ところが、骨粗鬆症の人は、骨の形成より分解が上回るために、骨量が減少し、骨の中心部がスカスカの疎状になってしまうんです。
食生活の面から考えると、現代の食生活では、単にカルシウム不足だけではなく、食品添加物を多く含む加工食品の摂取により、体内のミネラルバランスが崩れ、骨を弱くしていると考えられています。

 

食事の具体的な対策を説明します。

 

1.カルシウムの吸収を妨げる脂肪やたんぱく質の過剰摂取を避けましょう。

 

牛乳は、カルシウムの含有量が多いといわれますが、乳脂肪や乳たんぱく質も同時に多く含まれるので、過剰摂取はかえってマイナス効果になります。

 

2.油脂、砂糖、アルコール飲料、たばこ、加工食品はカルシウムの排泄を促す(脂の中で、カルシウムと結合し、吸収を阻害)ので控えましょう。

 

3.野菜、海藻、大豆、大豆製品、種実類(ごまなど)を積極的に摂りましょう。

 

4.ビタミンD(身欠にしん、さんま、うなぎ、まぐろ、鮭、かれいなどの魚介類、干し椎茸など)は、カルシウムの吸収を良くするので積極的に摂取しましょう。

 

5.食塩の過剰摂取は、カルシウムの尿中排泄を促進させるので控えましょう。

 

6.砂糖や砂糖を多く含む食品や菓子類も、カルシウムの吸収を阻害するので、控えましょう。

 

7.納豆に含まれるビタミンK2や大豆イソフラボンは骨からカルシウムが溶けるのを抑える働きがあるので、積極的に摂りましょう。

 

食事に気を付けることで骨粗鬆症の予防だけでなく、生活習慣病の予防にもなるので、日常的に意識した食生活を送りたいものですね。

 

植字に注意して予防したい骨粗鬆症の薬の詳細はこちらをご覧ください


ホーム RSS購読 サイトマップ